2017年9月2日土曜日

何度目かのER(救急外来)

先週、小学校の畑の水やり担当だったので、子供を連れて学校に行った。

”お母さんが水をあげている間に、遊具で遊んでていいよ。”

と子供に伝え、野菜に水をあげようとした瞬間、

6歳の娘が、高さ2mほどの滑り台のてっぺんで足を滑らせて、
頭から真っ逆さまに落ちていく様が見えた。

これは、やばい。



慌てて駆け寄る。



たった30mの距離が遠い。



駆け寄ると、大泣きしながら、私に向かって歩いてきた。

抱きしめながら、”泣いてるくらいだからひとまず大丈夫”と心を落ち着かせる。

が、 頭には大きなコブができはじめていて、

その上、T-shirtsが真っ赤に染まるほど出血している。
頭からだけでなく、耳からも出血しているようだ。
母、パニックになる。

太陽を呼び戻し、車まで走る。


車までたった100m。

病院までたった3分。

なぜこんなに遠いのだろう。

時間や距離、尺度の感じ方は時と場合によって、伸びたり縮んだりする。

とこんな時に実感する。



子供が生まれてから8年。

何度ERに駆け込んだだろう。

特に太陽は、非常にアクティブで、

気づくと屋根の上に登っているような子なので、
骨折、ヒビ、縫い傷、脳震盪、細菌感染アレヤコレヤ、
何回めだったか、と思い出す方が時間がかかる。

ルナも、頭を強打したのはこれで2回目。


私は、母親だから、怪我に関してはやはり自分を責める。

私が悪かったのかな、私がもっと見てればよかったのかな。
子供が苦しい思いをしているのを見るのは辛い。
ヒヤッとする、を通り越えて、寿命が縮む。
自分の寿命が縮むのは構わないけど、
これで子供の寿命が縮んでしまったら、手や足が不自由になってしまったらどうしよう?
と思うと、やりきれない気持ちになる。

そういう思いから、”ダメ!”が増えてしまう。

登っちゃだめ、高いところはダメ、ビーサンはダメ、危ないスポーツはダメ、
ダメダメダメ。

なんか、コレ、違うよね。わかってる。


見守りたい。


Kids learn things in the harder way.

子供は怪我するものだから! 

は、確かにそうなんだけど、

他のママさんの話を聞いていると、
うちの子のER訪問はちょっと多すぎるようで、
止めるべきか、やらせるべきかと毎回、激しく葛藤する。


ちなみに、

激混みのERだったけど、血まみれの子供が駆け込んできたこともあって、
順番をすっ飛ばしてトリアージしてもらえた。

ナースは非常に冷静で、


”頭の傷は、小さくてもかなり出血するものよ。彼女の傷は小さいから大丈夫!

 意識もしっかりしているし、待合室で待っててね。”

と、言われてからの3時間待ち。。。

長い。。。。その間、私も娘も気持ちが落ち着き、大丈夫なことを確信する。


後日、吐き気や頭痛などの脳震盪のサインもなく、元気に復活。

ひとまずよかった。。。

母親として、冒険>安全なのか、安全>冒険なのか、

着地点は未だ分からない。

着地点はわからないのだけど、
1つわかったことがあるので、紹介しておきます。

5−9歳の小児の頭部外傷事故のデータによると、


最も事故が起こる条件は、”週末の午後の遊具遊び” だそうだ。

        
*以下詳細。
性別は 男児。女児より3割多い
曜日は、土日
時間帯は 午後2時から6時
場所は 滑り台やブランコなどの遊具
重症化する割合は0.06%、中度は3%、残りは軽傷/問題なし



ルナの事故が起こったのは、土曜日の、午後4時、@ 滑り台。その後の経過は問題なし。データのど真ん中、ドンピシャです。データ、バカにできません。


そして、頭は、思ったより出血するので、
しっかり意識があるときは、慌てず止血を心がけてみましょう。


8歳になる太陽が、結構役に立ったのも新しい発見だった。
とりあえず、怪我や病気の多い太陽をクラニオセイクラルに連れて行ってみようと思う。

はあ、ヒヤリとしたあ〜〜〜。。



2017年8月25日金曜日

Strawbale Gardening試してみました。 その2


タネをまき、苗を植えてからしばらく。。。

土で育てている野菜たちにぐんぐん抜かれ、成長もこぶりだなあ、
ウーーム。
と思っていたのだけど、夏が終わりに近づくにつれ勢い盛り返してきました!


こちら、ビーツ、かぶを収穫した後。
かぶ(Parsnip)はことごとく虫にやられました。
巨大なかぶの中に、中にナメクジが丸ごと1匹入っていたということも。。。
ビーツは大丈夫だったけど、かぶ類はあんまり向いてないのかも?

側面にバジルやハーブを差し込むと2面で育てられます。
バジル、トウ立ちしてるから早く収穫しろって話ですねー 
って、これを書いている今もまだ放置しているという。。。
種収穫できちゃいますねー。って、明日にでも収穫しよう。





にんじん
人参はいい感じに収穫できました。
土がくっついてこないから、土汚れもなくツルッとキレイです。
二股にわかれたりしちゃうかな?と思ったけど、藁がコンポストされて柔らかくなっているので大丈夫だったー。





かぼちゃ。
今もグングン成長中。











リークとサラダ菜。
サラダ菜は今年2回目の栽培。







こんな感じで、良い感じに育っております。
どのくらい使える(どのくらい栄養が残っているのか)のかわからないのだけど、
ただいま根菜&葉物の2巡目のタネをまきました。
冬前にもう一度収穫できたらいいなあー。

水さえやっておけばお手入れも特にないし、
耕す必要もなく、
Space savingにもなり、
見た目も良く、
ちゃんと収穫もできるので、プランターよりも育てがいがあるかもしれないです。

葉物、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、トマト、きゅうり、かぼちゃ、ズッキーニあたりは簡単に育つと思います。

しかしね、牧草地にでも住んでないと、Strawbale自体なかなか手に入らないのが難点。
今回はお試しということでやってみましたが、この地域ではOrganic Strawbaleは高いので、(近所の人と50ベール分共同購入したけれど、それでも高い)

来年は、、、、土にかえります!

冬前には、バラバラにして、秋冬野菜の保温マルチとして使うつもりです。


さて。

秋も近づくこの頃。
子供と一緒に、大根、ビーツ、葉物、人参の種まきをアナスタシア風にしてみました。

あま〜くて、おいし〜い玉ねぎWalla Wallaちゃんもたくさん植えました。

たくさん育ちますようにー!



最後は、かぼちゃ推しで!




Strawbale Gardening 試してみました。 その1

日差しが秋に傾いてきたこの頃。晩夏ですね。

この夏は、Strawbale Gardeningに挑戦してみました。




Strawbale Gardeningとは、ブロック状に束ねた藁の塊そのもので野菜を栽培する方法。
藁をマルチがわりに畑に撒くのではなくて、ブロック自体が畑なのです。

ちなみに、StrawbaleとHayは非常によく似ていて、どっちでもいいんじゃん?
と思いがちなんですが、そこはStrawbaleでないとダメだそうです。

理由は、、、調べてみてください 笑

よくわからなかったのだけど、Hayは動物の食べ物となる穀物の栄養素を含んだ干し草で、
Strawbaleは食べ物としての役目は終えた単純な干し草だそうで、
切り口が空洞かどうかとか、そこらへんにヒントがあるみたいです。

さて、Strawbale Gardeningのいいところは、

場所をとらず、好きなところに置けて(道路の上でも)、
耕すことも、草取りも必要なく、追肥の必要もなく、
藁の持つ高い保湿と保温効果を利用して、
簡単に野菜が育てられるというのが特徴の、栽培方法です。

カナダの西海岸の場合、5月中旬に、Strawbaleのブロックを"Ready"な状態にするため、
発酵させます。

発酵させることはとても大事で、
そのおかげで藁の中の微生物たちがActiveになり、
藁自体の温度も上がるので、土壌の保温力が上がり、
栄養豊富な土、ならぬ、藁となるのです。
コンポストする感覚です。

発酵の手順はこんな感じ。



発酵がいい感じに進むと、キノコが出現します。
キノコ育ててるの?っていうくらいキノコが現れます。










ちょうど、苗や種まきのタイミングにキノコだらけになるので、
そこらじゅうからモリモリ飛び出るキノコにと共存できるのか!?と思いましたが、
大丈夫でした。
なので、キノコを気にせず苗や種まきして大丈夫です。

キノコが現れ出すと、固い干し草の塊だったStrawbaleが
スコップがさっくり入るくらい、柔らかくいい感じになります。






2週間ちょっとで晴れてReady!
野菜を植える面に、うすーく土を振りかけて、水のシステム作ってしばし放置します。
私が使ったのはSoaker hose。めっちゃいいです。
土のガーデンにも、Soaker hose這わせたことにより、収穫率も野菜の元気さも◎





種まきしてしばらく経った野菜たち。



2017年8月17日木曜日

熱いビジネスウーマン

今日、Ranyaに会ってきた。
お互いすれ違い続けて3ヶ月。ようやく会えた。

彼女は、Sea to Sky 版のSPUD(=Online Organic grocery shop。 Vancouverが拠点)、LOCAL GOODS COMPANY を運営しはじめたところだ。
彼女のSHOPにぜひ、ECO MOON PADを加えたいと、以前からメッセージをくれていた。

会ってみると、ナチュラルで、まっすぐで、とても熱い女性だった。

彼女が、LOCAL GOODS COMPANYを始めた経緯をかいつまんでいうと、

これからの社会にとって、地産地消を円滑にするためのシステムが必要なこと、

マスコンシューマリズムの中には、
なけなしにされた人権や、犠牲になった環境や、
犠牲になった家族で出できている商品が溢れかえっていること, 
大量販店で安価で売られているもののTrue Costは計り知れない。

お金はパワーだから、それを使う人たちに責任があること、

良い物を作っているlocal crafter/producerが生き残って、
それで生計を立てていけるようになることが大切なこと

Squamishを愛していること。
もう、ここから動く気がないこと。

などなどを、こちらの体温が高くなるような熱量で話してくれ、
私も思わず、最後に拍手してしまった。

彼女が目指し、理想とする地域社会への関わり方は、
私の中にもずっとあることで、信じ続けていることである。
ECO MOON PADを製作する原動力そのものでもある。
ただ、グラスルーツ的に活動していると、時に心が折れそうになるのも事実。

そういう時に、Ranyaのような人に出会うと、
ものすごく元気をもらって、明日への活力が湧き出してくる。

実際、Small crafter/producerにとって、
Ranyaのように、生産者と消費者を、
繋げてくれる人というのは、大変ありがたい存在である。

Ranyaとは熱いハグをして、
PembertonのFarmerが作ったという巨大なオーガニックナスを頂き、

この時代だからこそ、
直接会って話すことって大事だなあ、とmeetingの余韻を味わいながら、
清々しい気持ちで家に帰った。

家に帰ってから、この話をユウジにすると、

”本来、ビジネスとはWin-Winの関係を作り出す方法なんだよ。
 作り手も(staffも)、消費者も 地域社会もハッピーであること。
   そのために、今現時点で、ベストを尽くしている、と自分に言えること。
           それが、幸せなビジネスのあり方だと俺は思うよ” 

と言われ、また気分が高まった。

”ビジネスしてます” という言葉は、とてもポジティブな言葉だと思う。
ある意味、ARTである。
自分を表現する方法でもある。
ビジネスは本来ドライなものではなく、
自分のパッションをかけているから、business(忙しい)なんだと思う。
本気でやってる人は、まっすぐだ。

実際、私もECO MOON PADを通じて、素敵な繋がりを作らせていただいている。
家庭人としての私では成し得なかった関係が生まれ、
地域や社会との関わり方も経験させてもらっている。

ここまでくるのも(といえるほどではないけれど)決して簡単ではないし、
なんだかんだ言って、地道な努力と継続だけが、道の続きを示してくれるように思う。

などど、目を閉じながら唸っていると、聞こえてくるのだ、あの声が、、、

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし。
踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。
迷わず行けよ。行けばわかるさ。

1、 2、 3、 ダーー!!

素晴らしい、アントニオ猪木!!

さて。

夕飯に、
Ranyaにもらったナスと、
友達の庭で採れたピーマンや自家製の野菜に、
Pembee産のひき肉を足して、
バンクーバーで日本人の方が作っている醤油麹を隠し味にして味噌炒めを作った。

Localの人たちの愛が詰まった食材で作る食事。贅沢だよーーー。美味しい!!


というわけで、ECO MOON PAD、間もなくRANYAの運営する、LOCAL GOOD COMPANY  に参加させてもらいます!


お礼 当初からECO MOON PADを理解し、
   サポートしてくれているBE CLEAN NATURALLY(SQUAMISH)さんと、
   TAMA ORGANIC(VANCOUVER)さん、
            HandMade Vancouverさん、
   口コミを広げてくれる友人の皆さん、ワークショップに参加してくれた皆さん、
   気持ちがグラグラになるといつも前向きなアドバイスをくれるわが夫

   いつもありがとうございます。これからも頑張ります!

2017年8月13日日曜日

宇宙からみる自分の存在意義。

自分がこの世に生を受けて、生きている理由とは?
どんな使命があって、どんな特徴があって、それらをどんな風に使っていったらいいのかな。

そういう風に疑問に思ったことありませんか。

以前、ホロスコープをしっかり読んでもらったことから、
西洋占星術にハマり、
それが高じて自分なりに独学で掘り下げたりもしてきました。

西洋占星術は、”地球”を中心として、自分目線で”社会(地球)でどう生きていくか”を、割と細かく教くれる星読みです。

だけど、自分一人のホロスコープにしても、
かなり複雑に星の情報がからまりあい、
まさにこの社会や人間関係を象徴しているかのように感じます。

また、西洋占星術の持つ、宿命感(生まれた時の星の位置は変えられないので)に、
なんだか、絡みとられたような気になって、
”このように生きるしかないのか?”と思ってしまう面もありました。

そんなわけもあって、しばらく占星術からも、タロットからも離れ、
より現実的な目線で、地に足をつけることを鍛え、
自分の見るもの、触れるもの、耳にするものを一番大事に過ごしてきた数年を経て、

また、星読みの世界に戻ってきました。

でも、今回は、ヘリオセントリック占星術。

これは、西洋占星術とは異なり、太陽を中心に、太陽系に存在する自分とは何か、を探る星読みだそう。地球はその中の一つの惑星であるという考え方。

つまり、自分がこの社会でどう生きていくかを探るものではなくて、
宇宙の中で、どのように私は存在しているのか、を知るための方法。

そうだった。

宇宙即我、我即宇宙。

ウチュウ スナワチ ワレデアル。 

なんだか、小さいこと、全部吹っ飛ぶ。


そういう風に、生きていきたかったこと、思い出しました。

ワタシラシクアレ。



さあて、1段階上に進める気がします。
パワーアップ!!

2017年7月29日土曜日

子供のスクリーンタイム(TVやゲーム)を規制する理由。

小児学会の〇〇博士の論文によると、、、
ネイチャーサイエンスの研究グループによる調査の結果、、、

そう言う切り口から、子供のスクリーンタイムの悪影響が問われている現代ですが
みなさんどのように取り組まれてますか?

私は、おそらく厳しい方なんだと思います。
その理由は、子供がウォルドルフスクールに行っているからと言うこともありますが、
どちらかと言うと、実体験の方からそう思うことがあるからです。

私は一人っ子で、鍵っ子でした。

実家は薬屋を営んでいて、その上(4F)に自宅があったので親は近くにいましたが、
小1〜小6くらいまでは、5時の鐘がなってから夜の9時くらいまで、ほとんどひとりで家にいました。

その間、テレビをずっと見ていたことを覚えていて、
親が近くにいないため、規制もなく、フィルターもなく、
その時々、目にとまった番組をずっと見てしまっていました。

今、思うんです。

私、怖かったんだって。
テレビから流れてくる情報をただただ受け取る怖さ。
一人ではその情報を消化できないのに、消せない。引き込まれてしまう。

心霊現象の話、殺人ニュース、ちょっとエッチな番組、お笑い、アニメ。

小さい子には、好奇心が優って、止めることができない。
でも、インパクトが強くて、結構引きずる。刷り込まれる。
鋭くて、一方的で。
怖いのだ。

私はありがたいことに、階下に祖父母が住んでいたので、
怖さが頂点に達すると、祖父母の家に駆け込んで、
おじいちゃんが見てるジャイアンツ戦を、見るともなく見ながら、
チラシの裏に絵を描いて母の帰りを待っていました。

おばあちゃんちにいると、さっきまで怖かったテレビの音がただのBGMに聞こえてくる。
なんてことない、祖父母の家の日常に、心底癒されたのを覚えてます。

今になって思うのは、
特的の情報や表現を受け取るのに適している年齢というのがある。とうこと。
子供は自分で選べないし、止められないから、
親がしっかりコントロールしてあげないといけない。

私の、”怖かった”という気持ちは、いろんな面で、不安症という形で現れているなって思います。

とはいえ、

私も、見せてます。
子供達も見たがるし、
正直、息抜きになるので。

最近は、番組そのものよりも、広告の方がヤバいのたくさんあるからね。。。
インターネット上なんて本当に無法地帯だわって思う。

気をつけないとね。
小さい子なら親も気をつけるけれど、
小学生になると、”これくらいは大丈夫かな”って思っちゃいがちだから。

この間、息子が”忍者タートル”を見たがって、
有名だから大丈夫かなと思って見せたら、怖くて、夜眠れなくなってました。
(本人は直接的には気づいてなかったけれど)

なので、テレビのインパクトって、想像以上に子供に影響するってことだけ、
実体験からお伝えしたいと思います。

ガーデニングとは。

ガーデニングとは、

曇りの日でも、雨の日でも、風の日でも、雪の日でも、

その奥の奥には、太陽があることを忘れないでいられること。

アスファルトの下にも、大地が広がっていることを忘れないでいられること。



詰めすぎたかな?きゅうり




ガーデニングとは、
気づくところ。
受粉の仕組みって人間と一緒だなあとか。

インプットが多いこの社会の中では、
野菜が囁くシンプルなお話、-しかもそれは真実-、くらいが、ちょうどいい。












ガーデニングとは、

安心できるところ。

守られているところ。













心と心で会話するところ。

まっすぐな気持ちでいられるところ。




Humming birds がたくさんくるよ。




仕事してるというより、花粉にまみれてリラックスしてるように見えるよ。


今年は特に、そういう風に感じます。





そして、この街のRain forest。

幸せ。


Paradise Valley Lush Forest